近江八幡で長持ちする注文住宅を建てる方法

住宅を数十年で使い捨てる時代は終わり、長持ちさせることが必要な時代となりました。

近江八幡で注文住宅を建てる場合は、長持ちさせるという視点から、どこに依頼するかを決める必要があります。

近江八幡での注文住宅の依頼先としては、ハウスメーカーと工務店、設計事務所があります。



工務店と設計事務所は基本的に自由設計なので、依頼者の意向が、長持ちする住宅を可能にします。
ハウスメーカーの中で長持ちする家を選ぶのは、けっこう大変です。

ハウスメーカー自体に歴史は浅く、実例が揃わないからです。
ハウスメーカーの中で長持ちする家を探すには、構造種別に着目することが必要です。



耐久性の観点から構造種別を選ぶと、木造軸組み工法が優れているのがわかります。

木造軸組み工法は伝統木工法の流れを汲むもので、日本で長持ちする家として用いられてきた実績があります。

注意する点は、なるべく太い部材を使うことです。

工法が優れていても、部材が細すぎると、長持ちしません。木造でも2×4工法は、歴史が浅いので、日本において長持ちする住宅を建てた実績がありません。

近江八幡の注文住宅に限らず、2×4工法で建てられたもの中には、湿気が原因でパネルが腐る例が報告されています。鉄骨造は部材の太さ次第です。細い材料を用いたプレハブ工法は長持ちせず、太い材料を用いた重量鉄骨造は長持ちします。



鉄筋コンクリート造は比較的長持ちします。


特に壁式工法は、壊すのが難しいほど丈夫です。
木造軸組み工法以外の工法は、改修や増築が難しい場合があるので、長い間使い続けるのに障害となります。