近江八幡で建てる注文住宅の構造

main-img

近江八幡で注文住宅を建てる場合は、構造を選ぶ必要があります。

ハウスメーカーはそれぞれ得意な構造方式を用意しているので、構造を選ぶことは、ハウスメーカーを選ぶことにもつながります。
木造は在来の軸組み工法と、外来の2×4工法に分かれます。
鉄骨造では、軽量鉄骨のプレハブ造が主流です。

住宅で鉄筋コンクリートを用いる場合は、パネル工法が用いられます。


近江八幡で注文住宅を建てる場合は、この中のいずれかの構造により建てられることになります。

住宅の構造は、住宅を供給する生産者の都合により決められる場合があります。



2×4工法は工場で木製のパネルをつくり、現場でパネルを組み立てる工法です。
生産者にとっては、原価を抑えられるメリットがあります。消費者にとっても、地震に強いメリットがりますが、湿気の多いに日本では、長持ちしない可能性があります。

軽量鉄骨プレハブ造や鉄筋コンクリートパネル工法も、工場での大量生産が可能なので、生産者にとってメリットの多い工法です。



価格に対して耐震性などの基本性能が高いので、消費者にとってもメリットがあります。


反面、改修や増築が難しい場合が多く、家族の構成や生活スタイルが変化した場合は、対応できない恐れがあります。

近江八幡で注文住宅を建てる場合に安心して選べるのが、木造軸組み工法です。


工務店が得意とする工法で、大工により技術が伝承されています。



この工法は、建築基準法で定められている筋違いの設置だけでは十分な耐震性が得られないため、床の剛性を高めることや、1階と2階の壁の位置を合わせて、直下率を高めることが必要です。

将来の増改築は、工務店に依頼することにより、容易に行えます。

不動産の知識を増やす

subpage1

近江八幡で注文住宅について考えているのであれば、まずは情報を集めることを忘れてはいけません。特に今までマンションで生活してきた方にとっては、一戸建ての生活というのは、イメージがわかないことも多くあるでしょう。...

more

不動産の最新考察

subpage2

住宅を数十年で使い捨てる時代は終わり、長持ちさせることが必要な時代となりました。近江八幡で注文住宅を建てる場合は、長持ちさせるという視点から、どこに依頼するかを決める必要があります。...

more

学ぼう不動産の事

subpage3

近江八幡で注文住宅を建てることを検討されている方、低金利で住宅ローンを組むことが出来る今を逃さない手はありません。現在は非常に金利が低く住宅ローンを申し込むことが出来る環境があります。...

more

不動産の皆が知りたい情報

subpage4

近江八幡で注文住宅を建てる方法は、2つあります。ハウスメーカーと工務店に頼む方法です。...

more